空間情報研究室
2016/3/11現在

地理情報システムを活用した物流システムに関する数理モデル分析,
特に輸送システムや施設配置などの空間解析を専門としており,
GPSやRFID,各種センサーと組み合わせた輸送環境調査も行っています.

構成員(平成28年度)
所属 職名・学年 氏名 研究テーマ
流通情報工学部門 准教授 渡部 大輔 効率的なゼミ運営
流通情報工学科 4年 島袋 寿夫 中国の物流インフラ
4年 原 ゆり子 東京オリンピックの観客流動
4年 前島 サントス 国際海運とリスク
4年 吉田 聡介 宅配便の輸送品質

過去の論文リスト
年度 所属 氏名 論文タイトル
平成26年度 修士論文 張 寒石 サンマ流通における魚体への衝撃に関する実証的研究
卒業論文 阿部 颯平 東アジアにおける航空貨物輸送の現状
卒業論文 荒井 奈々人 三陸水産におけるサンマ流通の加工場内温度・衝撃に関する研究
卒業論文 伊東 大地 茨城県取手市の防災における現状と対策
卒業論文 加藤 翔 東京都墨田区の防災における現状と対策
卒業論文 曽我 真介 東南アジアにおける海賊出没の地理的特性に関する研究
卒業論文 高田 悟史 小型温度ロガーを用いたサンマ流通における温度管理に関する実証的研究
卒業論文 田邉 誠也 ASEAN、インド地域におけるサプライチェーンの輸送リスク評価に関する研究
【日本航海学会奨学褒章受賞】
平成25年度 修士論文 永田 康宏 ソマリア周辺海域における海賊活動の地理的特性に関する数理分析
卒業論文 古市 健人 サンマ流通における温度管理に関する基礎的研究
平成24年度 修士論文 王 ショウ ソマリアにおける海賊活動の空間分析に関する研究
修士論文 李 広宇 コンテナターミナルにおけるゲート情報システムの導入によるCO2削減効果に関する研究
修士論文 林 東日 アジア域内における航空貨物流動量の変化とハブ化戦略に関する研究
卒業論文 瀬戸口 智洋 航空貨物を利用した医薬品流通に関する研究
平成23年度 修士論文 鄭 嘉恩 自動認識技術RFIDを用いた物流セキュリティの向上に関する研究
卒業論文 土橋 聖二 食品流通における地域ブランドとトレーサビリティの関係性
卒業論文 永田 康宏 情報通信技術を用いた水産物の輸送品質向上に関する研究
卒業論文 三明 亮介 東南アジアにおける陸路輸送インフラの評価に関する研究
卒業論文 石谷 優太 九州の産業特性を考慮した航空貨物輸送に関する考察
卒業論文 不老 浩 福岡県における防災に関する基礎的研究
平成22年度 卒業論文 長谷川 聡 出版・図書館業界におけるRFID導入効果に関する研究
卒業論文 高科 圭悟 物流施設におけるRFID利用による作業効率性の評価に関する研究
【日本船舶海洋工学会奨学褒章受賞】



ホームページ