水圏生態化学研究室

主要な教育研究テーマ Marine Natural Products

担当教員

(教授) 永井宏史

(助教) 神尾道也

 

東京海洋大学,水圏生態化学研究室,永井宏史,神尾道也

 

海洋生物の持つ有用物質の化学(海洋天然物化学)

東京海洋大学,水圏生態化学研究室,永井宏史,神尾道也海洋生物から人類の役に立つ生理活性物質(例をあげると抗ガン剤や抗生物質など)を見つけ出そうという海洋天然物化学という研究分野があります。周囲を海に囲まれた日本はこの海洋天然物化学研究が盛んに行われています。

 

私たちはさまざまな海洋生物をターゲットとして有用な生理活性物質を見つけ出したいと考えています。また、面白い活性を持っていれば分子量の小さな物質から大きな物質(タンパク質など)でも私たちの研究対象となります。最近はクラゲ、サンゴなど刺胞動物や植物プランクトン、ラン藻などから低分子から高分子まで海の中に眠っている宝もの(未知の化合物)を化学の力を使ってその構造を解き明かしたいと考えています。

 

 

海洋危険生物(クラゲなど)の毒素の謎に挑む

 

今まで、私たちはハブクラゲなど猛毒で知られる海洋危険生物が持つポリペプチド(タンパク質)毒素の構造の解明を行ってきました。なぜかというと、海洋危険生物に刺される被害などは数え切れないほどあるのに、その毒素の正確な正体は長い間ほとんどわからなかったからです。

 

東京海洋大学,水圏生態化学研究室,永井宏史,神尾道也

 

我々の研究の結果、ハブクラゲやアンドンクラゲなど立方クラゲ類の主要なタンパク質毒素のアミノ酸一次配列とその全遺伝子配列が明らかにされました。そして、これらの毒素群は新しいタイプのタンパク質ファミリーを構成することが初めてわかりました。つまり、強い生理活性を持つ今までに例のないタイプのタンパク質たちを発見したわけです。今後、これらがなぜ強力な毒素として効くのかという作用メカニズムの解明を行う必要があります。

 

また、私たちのグループでは、他にもいくつもの種類のクラゲや刺胞動物類からさまざまな生理活性を示すタンパク質毒素を見出しています。現在、これらについて毒素の単離と構造解析を行い成果を上げています。そして、さらに毒素の正体を明らかにしたい海洋危険生物はたくさんあります。

 

これらの研究は海洋危険生物に被害を受けたときの効果的な治療法の開発や医学や生化学研究分野の発展になくてはならない分子プローブ(道具)や新しいタンパク質性医薬品の開発につながる可能性があります。

海洋生物から新しい生理活性物質を見つけ出し、医薬品や分子プローブ(道具)など利用価値の高い化合物へと応用展開をしていくことが最終的な目標です。

 

東京海洋大学,水圏生態化学研究室,永井宏史,神尾道也