メンバー

教授 濱崎活幸 (Home page)

  • 研究内容

  • 水産資源や希少種の保護増殖と維持保全のために、人工繁殖技術や個体群維持機構などについて、生態学的視点から研究を進めています。また、甲殻類の繁殖生態に関する研究にも取り組んでいます。

准教授 團 重樹

  • 研究内容

  • 身近な水産生物であっても、ほとんどの種でその稚仔期の生態は未解明なままです。飼育技術を開発することで稚仔の人工生産を可能とし、人工生産した稚仔を用いた生態解明研究を進めています。現在は、タコ類の資源保全と養殖技術に貢献することを目標として、タコ類の「卵培養」、「幼生と稚ダコの飼育技術」、および「生活史初期における生存戦略を理解するための行動実験」に取り組んでいます。

博士後期課程

小田憲太朗 (D2)
かつお一本釣り漁業におけるコスト削減に関する研究
三田哲也 (D2)
アミメノコギリガザミの環境耐性と養殖技術に関する研究
大森尚也 (D1)
ウツボの繁殖生態に関する研究

博士前期課程

田中元貴 (M2)
オニヌマエビ幼生期の生残と発育に及ぼす塩分と水温の影響に関する研究
杜 慧雲 (M2)
Identification method of Atyidae shrimps using PCR-RFLP based on ITS-1 and mtDNA-CO1 region
大溪敦裕 (M2)
イモガイ類の幼生の集団飼育と変態・着底誘起方法の検討
蘇 喆 (M2)
イソカニダマシの鋏脚自切が繁殖に及ぼす影響に関する研究
高橋勇太郎 (M2)
シオマネキ類の対捕食者戦略に関する研究
長倉光佑 (M2)
タコ類稚仔の飼育に適した新規餌料開発に関する研究
藤野くるみ (M2)
イモガイ2種における繁殖及び卵発生に及ぼす水温の影響
山本悠貴 (M2)
ガザミゾエアの高密度飼育技術とタコ類浮遊幼生に対するゾエアの給餌効果に関する研究
岩田貴成 (M1)
稚ダコ期のマダコの個体間干渉行動に及ぼす水槽内構造物の影響に関する研究
篠畑 葵 (M1)
イソカニダマシの対捕食者戦略に関する研究
榛葉絢子 (M1)
イイダコの卵保護行動の解明と人工卵培養技術の開発
武田祐二 (M1)
カニ類稚ガニの体色模様変異に関する研究
長塚弘太 (M1)
稚ダコ期のイイダコとマダコの行動の概日リズムに関する研究
中田健太 (M1)
餌条件の違いが稚ダコ期のマダコの個体間干渉行動に及ぼす影響に関する研究
古野絢也 (M1)
有毒カニ類の温度耐性と遺伝的集団構造に関する研究
矢吹洸介 (M1)
有毒カニ類の初期生活期における温度適応に関する研究
山岡 舜 (M1)
イソカニダマシの雄間競争と配偶者選択に関する研究
山元 慶 (M1)
アルテミアの長期培養技術とマダコ稚ダコへの給餌効果に関する研究

学部4年生(卒業論文)

阿波 望
タコ類稚仔の摂食能力の発達過程に関する研究
阿藤春輝
潮間帯カニ類の体色変異に関する研究
角 侑星
アルテミアの培養強化手法の改善とマダコ浮遊幼生への給餌効果に関する研究
座間一樹
イソカニダマシ幼生の分散回帰戦略に関する研究
関口優美子
稚ダコのカモフラージュ能力の評価手法と成長に伴う発達過程に関する研究
朱 迅霏
イソカニダマシの摂餌戦略に関する研究
鈴木颯太
イモガイ類幼生の飢餓耐性に及ぼす水温に関する研究
西脇土歩
ガザミゾエアの高密度飼育とマダコ種苗生産技術の開発
八巻大吾
マダコ幼生の飼育装置の開発
山根 涼
イソカニダマシ幼生の捕食回避戦略に関する研究
▲TOPに戻る